ニュース

news

2016年01月6日

ハリウッドの巨匠が脚本&監督 NBA選手のリアルな苦楽を体験できるモード!!   

 

これまでのNBA 2Kシリーズの中で一番人気のあるモードが、“MyCAREER”。これはゲームを操作するプレイヤーがハーレムでバスケットボールを楽しむ主人公(高校生)となり、紆余曲折を経てNBA選手になるまでを描いた物語だ。大筋は決まっているものの、そのストーリー中に行われるバスケットボールの試合でどれだけ活躍したかによって、どこの大学にスカウトされるのかなど微妙にストーリーが変わってくる。

そして今回、このマイキャリアの脚本&監督をしているのが、ハリウッド映画監督のスパイク・リーだ(『Livin’ Da Dream』というタイトルが付けられている)。ニューヨーク・ニックのホームゲームではいつもコートサイド席に座っていて、バスケットボールを題材とした映画『He Got Game(邦題:ラストゲーム)』を作ったほどバスケットボール好きのスパイク・リーが描くドラマは真に迫ったもので、「鉄は熱いうちに打て。これがお前の歩むべき人生。スターと肩を並べるんだ」「次の一歩を踏み出すのはいつだってお前だ。問題は…、お前に、その準備と覚悟ができてるかってこと」という現実に交わされているであろうセリフが飛び交う。喜びばかりでなく、苦しみの場面まで深く入り込んだ展開なのは、さすがスパイク・リーで、これまでのNBA 2KシリーズでMyCAREERモードを楽しんできた人も、初めてNBA 2K16をプレイする人もドキュメンタリー映画を見るかのような感覚で楽しめる内容となっている。

NBA2K16 公式サイト http://nba2k.jp/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

news
    今夏より月刊バスケットボールのT…の続きを読む
2017/12/13
news
   NBAプレーヤーが得意とするシグネチャームー…の続きを読む
2017/11/23
news
   国内外問わずプロ・アマ誰でも参加できる国内最…の続きを読む
2017/11/13

最新号
月刊バスケットボール
1月号

【ウインターカップ展望Vol.1】夏の悔しさは忘れない! 冬への逆襲シナリオ男子北陸学院、洛南、広島皆実、土浦日本大、北陸…

  • side-jx_eneos-banner