ニュース

league

2017年10月28日

【B.STARS Vol.8-③】熊谷尚也&藤髙宗一郎(大阪エヴェッサ)

国内屈指のダンカーコンビは

個人技で新天地をわかせる!

 

【熊谷尚也】

大阪エヴェッサ#27/195cm/SF・PF/1990年11月16日生まれ/日本体育大

【藤髙宗一郎】

大阪エヴェッサ#3/190cm/SF/1991年10月11日生まれ/関西大

 

 

 

移籍を機にダンクだけでは

ないことを証明したい

 

 決して順風満帆ではなかった学生時代から、実力者が集うBリーグでも有数のダンカーとなった熊谷と藤髙。そのダンクについて2人は「チームに勢いを付けられる」と口をそろえる。「アリウープを狙っていて、決めることで会場は盛り上がるしチームの雰囲気も良くなる。バスケットの魅力=ダンクだと思います」と熊谷が言えば、「ダンクが成功すると会場中がわき、ベンチが騒いでくれます。2点ではありますが、チームを鼓舞できるのがダンクです」と藤髙。ともに昨シーズンまでは控えからの出場が多かったが、大きな武器で何度も相手に傾きかけた流れを引き寄せてきた。

 

 そしてBリーグ2シーズン目となる2017‐18シーズン。「もっと試合に出たい」という思いを抱き、大阪に移ってきた2人。特に熊谷は昨シーズン、栃木の優勝に大きく貢献しただけに、大阪への移籍はオフシーズンのサプライズにもなった。また藤髙はSR渋谷で出場機会が少なかったが、地元・大阪への凱旋ということもあり、気合は十分だ。

 

 この2人が移籍してきたことで、大阪のチーム力は大きく上がったと言っていいだろう。昨シーズンの大阪は日本人選手の得点力と高さが課題で、それを補うべく機動力を生かしてカバーしていたが、シーズン終盤にはその戦法が通用しなかった。結果、あと一歩のところでチャンピオンシップ出場を逃し、悔し涙を流したのだ。熊谷と藤髙にはその課題を克服する役割が求められ、ともにサイズの面では十分。あとは得点力で、熊谷は外角シュート、藤髙はドライブなどリングに近い位置での得点が期待されている。

 

 そんな中で迎える西宮との一戦。9月の関西アーリーカップでは敗れているだけにリベンジを果たしたいところだが、西宮は開幕節で千葉に肉薄するなど、チームの総合力はB2に在籍していた昨シーズンに比べて高くなっている。一方の大阪はチームとしては得点面の課題を克服できておらず、ディフェンスでも大量失点するなど不安を抱えたまま。熊谷、藤髙ともに期待の得点で貢献できていない状態で、チームとしてもディフェンスの連携はまだ発展途上。新加入の選手が多いだけに連係が不十分なのは無理もないが、上位を目指すクラブだからこそ言い訳ばかりはしていられない。開幕して1か月で迎える同地区・西宮との対戦は、“今後を占う一戦”となりそうだ。

 

(おわり)

 

▼月刊バスケットボール編集部員が語る“熊谷尚也&藤髙宗一郎”のここに注目!!

https://sports.mb.softbank.jp/vod/player/15074

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

league
  2018年1月14日に熊本県立総合体育館で開催…の続きを読む
2017/11/23
league
   Wリーグは、第19回Wリーグ(2018-19…の続きを読む
2017/11/22
league
 11月18日の試合で島根に72‐62で勝利し、6連勝を達成…の続きを読む
2017/11/18

最新号
月刊バスケットボール
12月号

【巻頭特集】月バス注目校PICK UP 全国で戦うための独自の武器の作り方インターハイベスト8飛龍高校(フィジカル&1対1で…

  • side-jx_eneos-banner