NBA

NBA

2018/02/02

【1/20~1/31】ステフィン・カリー(ウォリアーズ)の活躍をCheck! Vol.1

 1月20~31日までに行われたゲームで、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーがどのような数字を残したのかを“おさらい”しよう。      1月21日のウエスタン・カンファレンス首位争いは、ロケッツが逃げ切り、カリーは19得点に終わっている。その後の3試合ではニックス、ウルブズ、セルティックスを撃破。特に、リーグ頂上決戦となるカンファレンス1位同士の戦いは109-105でウォリアーズがセルティックスを倒した。セルティックス戦でカリーは8本の3Pシュートを含む49得点の大暴れ。しかし、アウェイのジャズ戦では3Pシュートを次々と決められ、今シーズン最多の129失点で敗れている。カリーは僅か14得点だった。    この5ゲーム見ると、カリーが20得点以上すれば勝利していることが分かるものの、チームとして平均115失点は多く課題が浮き彫りになっている。   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • ZAMST吉田亜紗美インタビュー
  • 全中2019
  • インターハイ2019
  • 日本大学
  • B-LEAGUEチャンピオンシップ2019
  • 川崎ブレイブサンダースが選んだ“足首”を支える新アイテム
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube