ニュース

blog

2016年12月28日

【記者の目】12/28ウインターカップ2016~息詰まる熱戦となった女子決勝~

大会6日目となった28日は、女子の最終日。

 

大阪薫英女学院と昭和学院による3位決定戦は、

接戦の展開が続く中、4Qに昭和学院が抜け出し69-59で勝利をつかんだ。

 

昭和では⑧赤穂がゲームハイの24得点、20リバウンド、3ブロックという

文句なしの数字でチームを引っ張り、⑥佐古が19得点、⑤大塩は12得点と続いた。

 

敗れた薫英は、⑤高原がチームトップの23得点、11リバウンド、2ブロック。

⑦奥が16得点、9リバウンドを残したものの、4位でフィニッシュ。

 

 

 

桜花学園と岐阜女による女子決勝は、手に汗握る、

非常に見ごたえのある試合となった。

%e6%9c%88%e3%83%90%e3%82%b9-com-%e7%94%a8

 

 

序盤は桜花学園が④馬瓜、⑨山本を中心に13-5とリードを広げると、

岐阜女がたまらずタイムアウト。

岐阜女は⑤藤田がドライブやジャンパーで、⑥石坂はフリースローで加点し、反撃を試みるものの、桜花が得点ペースは落ちず、1Qは24-15の桜花9点リードで終える。

 

2Qに入ると、藤田の3Pシュートを皮切りに、⑩小野がフリースローなどで得点を挙げる。小野は岐阜女が2Qに挙げた16得点のうち、半分となる8得点を一人でマークした。

しかし、桜花も黙ってはいない。馬瓜、山本の得点に加え、⑧佐古の3Pシュートが決まり、

前半を35-31と桜花4点リードで試合を折り返す。

 

後半に入ると、ディフェンスのあたりを強くした岐阜女が桜花に襲い掛かる。

攻撃面では⑥石坂が2本連続で3Pシュートを決めて、37-35と逆転に成功する。

しかし桜花も⑥赤木がお返しとばかりに3Pシュートを成功し逆転。

残り約5分に岐阜女が42-40と再びリードを奪うと、

桜花がタイムアウトを要求。

すると桜花は馬瓜がリング下で、佐古の3Pシュートを成功させるなど驚異の11連続得点。

粘る岐阜女に対し、51-46の5点リードで3Qを終えた。

 

迎えた最終Q。桜花は⑦粟津がフリースローで加点するなどリードを広げる。

何とか食らいつきたい岐阜女は石坂の3Pシュートやディヤイのリング下の得点などで対抗。両チームが一進一退となって戦う、決勝と呼ぶにふさわしい展開となった。

残り約1分となったところで、岐阜女の④石井が貴重な3Pシュートを成功させ、

スコアは67-65と桜花のリードはわずか2点に。

 

 

どちらに転んでもおかしくはなかった試合は、

そこから1点も動かず、両チームがディフェンスで守り合う展開に。

試合終盤のプレッシャーからなのか、お互いにターンオーバーを喫するなど、

緊迫した場面が続く中、最後は桜花が2点のリードを守りきり、

67-65で昨年の雪辱を果たした。

(大会レポートは、1月25日発売の月刊バスケットボール3月号にて掲載します)

 

 

 

明日は大会最終日。

まず男子の3位決定戦は、福岡第一との準決勝で2回の延長を戦った帝京長岡と、

北陸学院が争うこととなる。

 

そして決勝では、福岡第一と東山が激突する。

この2チームはインターハイの決勝でも戦っており、火花を散らす激戦が予想される。

 

 

インターハイで後半に逆転を喫して敗れた東山は、リベンジを果たすべく

福岡第一に対して闘志を燃やしているにちがいない。

東山を引っ張るのは、随所にセンスあふれるプレイを見せる④岡田とビッグマンの⑨パトリック。

この2人を中心に、高得点ゲームを狙い、勝利を目指す。

%e5%b2%a1%e7%94%b0%e6%9d%b1%e5%b1%b1

 

 

一方の福岡第一は、④重冨(周)と⑤重冨(友)を中心とした速い展開から得点を量産する。

準決勝の帝京長岡戦では、器用なビッグマン、⑫蔡がファウルアウトになる中、

控えビッグマンの⑦バムが16得点、12リバウンドを挙げる活躍を見せた。

延長時の重要な場面でフリースローを着実に沈めていただけに、

決勝でも大きな戦力となりそうだ。

%e3%83%90%e3%83%a0%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e7%ac%ac%e4%b8%80

 

はたして、ウインターカップ優勝の座を手にするのはどちらのチームか?

明日の12時から行われる決勝は、見ごたえある一戦となるだけに、

両チームによって繰り広げられる一つ一つのプレイから、目を離してはならない。

 

 

感動大賞、募集中!

 

【感動大賞】
http://www.basketball-zine.com/wintercup2016#question-link
 

(月刊バスケットボール編集部)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

blog
大会最終日。 男子の3位決定戦と決勝が行われた東京体育館には…の続きを読む
2016/12/29
blog
多くの熱戦が繰り広げられたウインターカップもいよいよ最終日。…の続きを読む
2016/12/29
blog
大会5日目となり、ウインターカップの会場である東京体育館は、…の続きを読む
2016/12/27
  • gear-catalog-banner

最新号
月刊バスケットボール
4月号

今月の巻頭特集は、2017年の高校界をサキドリ!「高校界のブレイク候補」と題し、各チームの新たなエースを男女各20名紹介しています。また、2016年にバスケット界を…

  • side-jx_eneos-banner